タブレット端末の新たな時代

タブレット端末の新たな時代

AppleやGoogleといった企業は元より、Amazonなどの企業までもが参入する業界と言えば、

今注目を集めているタブレット端末です。

タッチパネルを利用した革新的な操作性に加えて一目で役割を理解できる簡易性、

情報収集用の端末としてはこの上ない機能を持ち、

大きな需要を呼び込んでいます。

そんな中近日発売した物で注目を浴びているのが、

他社に比べてタブレット端末においては後れをとっているとも言える、

Googleが作ったタブレット端末のネクサス7ですね。

タブレット端末での知名度こそまだまだ未知数と言える同社ですが、

地図を始めとした機能においてはIT業界における巨人とも言える存在感で、

それゆえに発足して間もなく、ネクサス7は大きな注目を集めつつ、

同時に実用性においても兼ね備えた切り出しとして、

好調と評される出足でありました。

タブレット端末に最近強い関心がある私としましても、androidが使える端末は一つは欲しく、

iPhoneのみでは行えない役目を補える役として注目しています。

そしてこうした新たなタブレット端末誕生において、一つの主流が生まれる予感があります。

それはiPadが作り出したとも言えるタブレット端末におけるサイズです。

iPadはiPhoneと合わせて多くの人にタブレット端末という物を普及させ、

iPhoneよりも大きいそのサイズを活かした利便性を訴えて、

双方を持つ事が情報化社会において大きな意味合いを持つとまで言わせました。

しかし、サイズが大きいというのは当然問題も出てきます。

それは持ち運びを始めとした取り回しや使い勝手の問題ですね。

9インチというサイズは画面全体を使ったタッチパネルにおいて黄金比を作りだし、

これ一つで完結する魅力がありました。

ですが、新しく発売したGoogleのネクサスやAmazonが作った端末は、

7インチという一回り小さな物です。

これは何を意味しているのか。

それは9インチという黄金比が大きすぎる、それと同時に7インチでも必要な機能が詰め込めるという、

技術の革新を見せつける意思では無いでしょうか。

iPhoneとは違う大きさでこその住み分けとされていますが、

そのiPhoneを作ったappleでもiPadの小型バージョンが作られており、

タブレット端末のスタンダードが定まっているとは言えない状況になってきました。

果たして、最後に残るのはどの端末で、どのサイズなのか。

大型化が進んでいるスマートフォン同様、サイズについては今後も迷走を繰り返しそうです。

札幌のお見合いパーティー|横浜のお見合いパーティー

ペットにだって愛情を

このところの悩みは、ペットのワンちゃんが太り気味だということです。甘やかしておやつを食べ与えすぎてしまったからでしょうね、肉つきが良くて、まんまるい体格になってしまっています。動きも鈍いです。

おやつをあげていたのは主に私です。なので責任は感じています。食事の際に食卓に尻尾を振ってくるワンちゃんが横にぴったりつくと、つい、何かあげたくなっちゃって(笑)。

でも、本当の愛情は健康を気遣ってあげることですよね。甘やかせるのはいけないと自分に厳しく言い聞かせ、最近は食事の際にワンちゃんが食卓にこれないよう別室にいてもらってます。

太ってしまった原因は、おやつ以外にも、運動不足が大きいかと思います。最近、散歩の日がめっきり減ってしまい、自宅の庭で遊ばせてあげるだけというのが多くなりましたから。

本当は毎日散歩に連れて行ってあげたいのですけどね、どうも仕事やら子育てで忙しく、ついかこつけてしまい、散歩を蔑ろにしてしまっているのです。おやつをついあげてしまうのは「ごめんね」の意味もあったのです。

ワンちゃんのストレスも溜まっている様子です。「クゥ~ン」と物悲しそうな鳴き声が聞こえてくるのが多くなりましたから。ストレスもまた、太る原因だと言われていますから、可哀そうなことをしていると反省です。

以前は、本当によく遊びに連れて行っていましたからね、それと比べると今の生活は退屈に感じているでしょう。休日は河川敷に出かけたり、ドックラン公園に遊びに行ったりしていましたから。もしかしたらお友だちのワンちゃんと会えなくなったのが寂しいのかもしれません。

それらができなくなったのは、やはり仕事と子育てが大きいです。特に子育てです。どうしても、今はそっちに気が行ってしまいますから。

一時、ワンちゃんを飼ってるお友だちに預けようかとも考えました。そうすればお友だちとも触れ合えるし、毎日かまってもらえるからです。でも、1日預けただけで、ソワソワしてしまって、家に帰りたいアピールをしてしまうのでした。ワンちゃんにとってもお家が一番のようです。

まだしばらくは忙しくて満足にかまってあげられそうもありません。でも、落ち着いてきたら、今までの分も思いっきり可愛がって遊びに出かけさせてあげようと思っています。

ワンちゃんも私とかみさんの子どもみたいなもんですから。子どもができたからって、ワンちゃんに対する愛情がなくなるって訳じゃありません。ただ、今はちょっと忙しいだけなんです。